米国のドナルド・トランプ大統領は白人至上主義者ではない。それでも、トランプ氏のころころ変わる対応には、米国民にとって恐ろしいメッセージが込められている。同氏は米国という共和国の救世主であるどころか、政治の世界では手際が悪く、道徳上の過ちを犯し、気質の面からも大統領職には不向きである、というメッセージだ。