内燃機関で動く自動車が20世紀を大きく変えたように、自動運転ができる21世紀の自動車はこの世界を大きく、それも予想外の方法で改善してくれる公算が大きい。「燃料とピストン」から「電池と電気モーター」への移行には、それほど長くはかかりそうにない。そして、それがもたらす結果の多くは歓迎すべきものとなるだろう。