チグリス川とユーフラテス川が作り出した広大な沖積平野を3年前に制圧し、イラク北西部やシリア、そしてそのほかの国々でおびただしい数の犠牲者を生んだ過激派組織「イスラム国(IS)」が、ついに最期を迎えようとしている。しかし、ISの崩壊がもたらしてくれるはずの新しい夜明けの兆しは、今のところはあまり見えない。