人工島基地群建設をはじめとする中国の南シナ海侵攻戦略の進展や、デゥテルテ大統領の言動などの影響で、中国やアメリカのみならずロシアまでもがフィリピンに対する軍事的な働きかけを強化し始めた。