IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.27

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第6回:汎用端末か専用端末か
次世代に必要とされる学習端末の在り方

BY

Closed system. End to end.

遅ればせながら映画「スティーブ・ジョブズ」をネットの映画配信サービスで観ました。映画配信サービスはiTunesのようなダウンロード型とHuluのようなストリーミング型がありますが、ダウンロード型のほうが出張の際などは便利ですね。特に離島に住む私などは、3時間超のフェリーの乗船時間には重宝しています(冬は波が高く、船体が揺れるので仕事は辛いのです)。

さて鑑賞した「スティーブ・ジョブズ」は監督ダニー・ボイル、主演マイケル・ファスベンダーである2015年版のほうです。

 

この映画でジョブズがとにかく拘ることは”Closed system. End to end.”(完璧にクローズドなシステム)です。「ユーザはカスタマイズがしたいんだ」というウォズニアックの主張を退け、専用ツールがないと筐体を開けることすらできないコンピュータをつくるジョブズ。

当初、実際に売れたのはウォズニアックが手がけたAppleⅡのほうでしたが、美しさを追求するジョブズの執念にも感動するものがあります。「ジョブズは芸術家」という評価をあらためて認識すると同時に「絶対上司にはしたくないな」と考えた次第です。

タブレット学習サービスはベネッセとZ会で真逆のアプローチ

教育業界でも「タブレット学習サービスはクローズドシステムがよいのか、そうでないほうがよいのか」という議論はつきません。ベネッセコーポレーションはiPadを端末として使用していましたが、「インターネットに接続できる端末は学習の阻害になる」という理由で独自開発したAndroidの専用端末にサービスの切り替えを発表しました。

切り替えと言ってもiPad以前にベネッセコーポレーションは学習専用端末を販売していたので、この動きは実は同社にとって原点回帰にあたります。ベネッセコーポレーションが提供する通信教育「進研ゼミ」のコンテンツにしかアクセスできない端末なので、まさに”End to end”なクローズドシステムになります。

一方、同じく通信教育会社であるZ会はむしろ逆でインターネットにもアクセス可能で汎用的なiPadで学習サービスを提供しており、今後もその方針で開発を続けるようです。

せっかくタブレット端末があるのだから「インターネットで調べ物もしたい」「iBooksで英語の原書を読みたい」という顧客のリクエストに答えて汎用的なiPadに路線を変更したというZ会の取り組みは。「進研ゼミ」と全く正反対ですね。

他の例を挙げると、近年頻繁に取り上げられるウェアラブル端末でも、サービスの特徴に合わせて選択されるデバイスが各社分かれています。例えば体調管理のサービスだと、精緻な計測を目的とした独自デバイスの開発路線をたどる医療機器メーカーが存在する一方、他のWebサービスとの連携に力を入れているアプリデベロッパーは、Apple WatchやAndroid Wearのプラットフォームに乗ることで着実にユーザー数を伸ばしています。

こうしたことからも、教育に限らず、IoT全体に言える事として、ユーザー体験を意識した上でのデバイス選択がサービス設計にとって重要であると言えそうです。

学習に向いたデバイスは汎用端末 or 専用端末?

汎用端末と専用端末、いずれが学習端末として相応しいのでしょうか。一言でいうと「学齢による」と考えています。ITリテラシーが未習熟な低学齢層には専用端末が安心できます。

また学習に対する自己管理が難しいのも低学齢の特徴と言えるので(勿論、個人によりますが)、インターネットにアクセスできないことも重要になってくるでしょう。しかし専用端末はビジネスモデルとして難しい問題を抱えています。

開発コストが高くつくことと、在庫管理が発生することです。まだまだタブレットでの学習に抵抗感がある保護者が存在することを考えると、初期ロットをどれだけの量にするか、など経営陣は難しい舵取りを迫られます。

一方、汎用端末の場合はアプリの開発費用のみで済みますから、初期コストを抑えることが可能になります。しかしこちらも問題があります。タブレットPCを持っている家庭しか市場にならない、ということです。

 
出典:総務省「通信利用動向調査」

総務省の発表によれば平成27年時点で一般家庭でのタブレットPCの普及率は33.3%と多くはありません。まだまだ増加傾向にあるので、タブレットPC学習サービスは今後、初期費用の安いアプリ開発やサービス向上を目指しながら、汎用端末の普及を待つのが得策と考えられます。

「PCを持っているご家庭は遠隔授業サービスの利用を検討するが、遠隔授業のためにPCを購入することはない」
これは私がサラリーマン時代に新規事業開発で得た知見です。よく考えれば当たり前のことですし、読者の皆様も同様だと思われます。これはタブレットPCにも言えることで、顧客はやはり「サービスのためにタブレットPCを購入(あるいはレンタル)することはない」のです。

しかしサービス開発主は思い入れのあるサービスを世の中に広めたく思い、ついタブレットPCのセット販売などを検討してしまいます。サービス開発主はデバイスの普及率までコントロールすることは出来ませんから、慎重な対応をする必要があります。ビジネスという点を考えると学習用アプリは汎用端末が良いでしょう。

顧客や学習者にとっていずれが良いのか、を考えた場合もやはり汎用端末に一日の長があるように思います。先に述べた通り学齢が低いと専用端末のほうが安心できますが、ペアレントコントロールの活用やITリテラシーの向上で徐々にその心配も解消に向かうでしょう。

私が尊敬する教育学者、苫野先生(熊本大学准教授)は著書『勉強するのは何のため?』において「勉強とは自由になるためにある」と書いています。自由のない専用端末はその理念に反しています。タブレットPCは「社会とつながる窓」ですから、汎用端末を使って自由に学ぶことが次世代の学習者にとって大切です。

IoT化が進む時代において我々教育者に新たに課せられた責務は、子どもたちが汎用端末で遊びに耽ることなく、「自由」を学びに活かす姿勢とリテラシーを育むことと肝に銘じています。

上述の映画においてiMacの発表プレゼンテーションのリハーサルシーンが登場します。そのリハーサルにおいてあれだけ”Closed system. End to end.”にこだわっていたジョブズもiMacには汎用的なUSBポートをつけ「これでいいだろ、ウォズ」と微笑みかけます。


やはり「完璧にクローズドなシステム」は少し窮屈に感じますね。

<プロフィール>

大辻雄介

大手進学塾・予備校に勤務したのち、ベネッセコーポレーションでICTを活用した教育の事業開発を担当。日本初の無料インターネット生放送授業を行い、当時最大15,000人が同時に受講した。その後、隠岐にある海士町へ移住し、隠岐國学習センターの副長として日々生徒の指導を行う傍ら、島のICT活用を推進している。海士町から離島中山間に遠隔授業を配信しており、リクルート「スタディサプリ」数学講師、ベネッセ「受験算数ウェブ授業」算数講師もつとめる。2016年度、島根県情報化戦略会議委員。

テレビ東京系列「クロスロード」2016年10月8日(土) 出演

 

JBPRESS

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。