フォルクスワーゲン・グループで大きな「政変」があった。4月25日、監査役会の委員長の座にあったフェルディナンド・ピエヒが、即刻退任することが発表されたのである。