日米独の債券相場について、当面どうみるか。筆者は、ドイツの国債については、10年債利回りが2.50%まで下がった6月8日時点が「質への逃避」を原動力にした買いの流れのピークだったと考えている