60年安保闘争は「反共産党」「反ソビエト」運動としての側面も持っていた。むしろそれが先鋭化した。だが、批判しているはずの自分たちが、その轍を踏んでいることに気づいていく