日本の進むべき道は、はっきりしていると思う。南極海での捕鯨を縮小しながら、地域の食文化に根差した沿岸捕鯨を「持続可能な漁業」にしていくことだ。IWCで、すんなりと沿岸の捕鯨が認められるとは思わない。しかし、南極海での捕鯨縮小と沿岸捕鯨の再開と最終的な「落としどころ」であることは、反捕鯨国も分かってきていると思う。