2年越しの開催。米国から里帰りした平安・鎌倉の2大マンガの“原点”に注目

2020年に開催予定だった「ボストン美術館展 芸術×力」が念願の開催
2022.8.13(土) 川岸 徹 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味芸術文化歴史
この写真の記事へ戻る
《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》(部分)鎌倉時代、13世紀後半 すべてボストン美術館蔵
ロベール・ルフェーヴルと工房《戴冠式の正装をしたナポレオン1世の肖像》1812年 
オスカー・ハイマン社、マーカス社のために製作 《マージョリー・メリウェザー・ポストのブローチ》アメリカ、1929年
《ホルス神のレリーフ》エジプト(エル・リシュト、センウセレト1世埋葬殿出土)、中王国、第12王朝、センウセレト1世治世時 紀元前1971-紀元前1926年
《龍袍》清、乾隆帝時代、1736-1796年
エル・グレコ(ドメニコス・テオトコプーロス)《祈る聖ドミニクス》 1605年頃
《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》(部分)鎌倉時代、13世紀後半
《吉備大臣入唐絵巻》(第二巻)(部分)平安時代後期-鎌倉時代初期、12世紀末
《吉備大臣入唐絵巻》(第三巻)(部分)平安時代後期-鎌倉時代初期、12世紀末

ライフ・教養の写真

『鎌倉殿の13人』八重、比奈(姫の前)、のえ(伊賀の方)義時の3人の妻達
『鎌倉殿の13人』「13人」が揃うのは一瞬…数字が意味するものとは?
フィギュアスケートがもたらす音楽業界への貢献とは?映像アーカイブの可能性
全部でいくら?町田樹が語る、演技映像アーカイブにおける「著作権」の現実
新幹線開業と外資系ホテル進出に沸く長崎、観光都市のブランドを高められるか
実は日銀も量的引き締めに方向転換?株価はマザーズから崩れていく

本日の新着

一覧
筋金入りの右翼「メローニ」を首相にするイタリアはどこに向かうのか
「極右」「女性だがフェミニストではない」とされる彼女を国民が支持する理由
木村 正人
イタリアで戦後最も右寄りの政権誕生へ
欧州はジョルジャ・メローニ氏をどの程度怖がるべきか?
The Economist
極右政党が勝利したイタリア総選挙、イタリアの“マンマ”も短命に終わるか
積極的な財政支出を訴えるも、EUを離脱しない限り財政拡張は難しい
土田 陽介
弱り目に祟り目のトランプ、メラニア離婚話が再浮上?
ニューヨーク州司法長官、ついにイバンカらを不正取引で提訴
高濱 賛
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。