縁故主義ご法度のインドネシア政界、でも世襲は跋扈

「大統領の長男が市長選出馬」で改めて問われる世襲政治家の功罪
この写真の記事へ戻る
昨年4月18日、大統領選投票日翌日のジョコ・ウィドド大統領(中央)。ジョコ大統領の左がメガワティ・スカルノプトゥリ元大統領、右はマールフ・アミン副大統領(写真:AP/アフロ)

国際の写真

増殖続けるアマゾンの物流拠点
舐められても中国を切れないインドネシアのジレンマ
アーティスト次々独立で激変するコンテンツ業界
日本のノーベル賞とも密接にかかわるコロナ対策技術
中国は市場経済化をやめたのか
米大統領選を狙ってまたぞろ中国がサイバー攻撃

本日の新着

一覧
実務能力は高そうな菅内閣、小政治だけにならないで
「理念なき実力派内閣」では「国のかたち」を変えられない
舛添 要一
なぜこんなところで寝るのか!?マルタの猫
馬が顔を出すための窓で寝る猫のジョージ
新美 敬子
どこまで体を機械に置き換えると人間ではなくなる?
動画で新刊紹介3『先端医療と向き合う 生老病死をめぐる問いかけ』
長野 光
菅内閣が「日産救済シフト」、逆境放置すれば破綻も
止まらぬ赤字垂れ流し、まさか血税使ってゾンビ企業として延命か
大西 康之