巨人・コロナ感染、謎の新語「微陽性」に球界も騒然

果たして他球団に「微陽性」選手はいないと言えるのか?
この写真の記事へ戻る
「微陽性」の結果が出た巨人の坂本勇人内野手。同じく「微陽性」の大城卓三捕手ともども、都内の医療機関に入院し、これから連日PCR検査を受ける。陰性が確認でき次第、チームに合流するという(写真:AP/アフロ)

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
米国のファーウェイ潰しは日本のチャンス
半導体規制の歴史と背景、今後の展開を詳解する
横山 恭三
日本人医療ボランティアが見たNYの医療崩壊
実録・新型コロナウイルス集中治療の現場から(第8回)
ヒューモニー
世界経済、コロナ後の回復の行方
一部の国で底入れの兆し、脆い消費マインドに要注意
The Economist
テレワーク時代に勝つ人材はここが違う!
半導体で起きた進歩形態がビジネス界でも起きる
山川 隆義