米国の研究機関に堂々と巣食う中国のスパイたち

「チャイナイニシアチブ」でスパイ摘発に力入れる米国
この写真の記事へ戻る
2018年11月1日、米国司法省は、米半導体大手「マイクロン・テクノロジー」のDRAM技術を狙ったスパイ活動を行ったとして、中国の国有企業を連邦大陪審が起訴したと発表。この日、ジェフ・セッションズ司法長官は、中国による情報窃取や経済スパイ活動に対処していく「チャイナ・イニシアチブ」を発表した。(写真:AP/アフロ)

国際の写真

科学者を犯罪に走らせる中国「千人計画」の正体
世界経済、コロナ後の回復の行方
米国のファーウェイ潰しは日本のチャンス
日本人医療ボランティアが見たNYの医療崩壊
早く行きたい!日本旅行を待ちわびる中国人が急増中
批判の的のフェイスブック、政治広告の禁止を検討中

本日の新着

一覧
恐れていた感染第2波、正体は感染力を増したG系統
フルゲノム解析で明らかになった新型コロナ「欧州株」の強度
星 良孝
テレワーク時代に勝つ人材はここが違う!
半導体で起きた進歩形態がビジネス界でも起きる
山川 隆義
科学者を犯罪に走らせる中国「千人計画」の正体
海外の高度技術を違法に取得、米国が本格的な取り締まりへ
古森 義久
強面韓流俳優マ・ドンソクになぜ女性は魅かれるのか
『悪人伝』(2019年、韓国)
髙山 亜紀