コロナが来て分かった、日本社会が抱える3つの課題

「まずまず」だった日本のコロナ対策と露見した弱点
2020.5.25(月) 朝比奈 一郎
政治時事・社会
この写真の記事へ戻る
5月21日、緊急事態宣言下の東京・浅草の浅草寺。商店街のシャッターが下りた仲見世通りを歩く人はまばらだった(写真:ロイター/アフロ)

政治経済の写真

コロナで出現「老人は治療受けられぬ社会」を考える
コロナと豪雨が突きつけるマイナンバー活用の岩盤
世界経済、コロナ後の回復の行方
恐れていた感染第2波、正体は感染力を増したG系統
米国のファーウェイ潰しは日本のチャンス
日本人医療ボランティアが見たNYの医療崩壊

本日の新着

一覧
コロナで出現「老人は治療受けられぬ社会」を考える
「姥捨て山」の如きトリアージ、高齢者は甘受せねばならないのか
盛永 審一郎
「人工甘味料」「合成保存料」の言葉が消える日
「人工」「合成」で考える消費者リテラシーとバイアス
佐々 義子
科学者を犯罪に走らせる中国「千人計画」の正体
海外の高度技術を違法に取得、米国が本格的な取り締まりへ
古森 義久
世界経済、コロナ後の回復の行方
一部の国で底入れの兆し、脆い消費マインドに要注意
The Economist