原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池

「お祭り」ではなくノーベル賞から建設的な基礎科学を!
2019.10.21(月) 伊東 乾
世界情勢化学時事・社会
記事へ戻る
10月9日、ノーベル化学賞受賞を受けて開かれた記者会見でリチウムイオン電池の構造を説明する旭化成の吉野彰名誉フェロー(写真:ロイター/アフロ)。

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
韓国・アシアナ航空、売却先候補は決まったものの・・・
HDC、買収しても巨額の負債に航空不況で、難題山積
玉置 直司
外資の首切りを羨む社長が決定的に見落としている事
「クビを切る者の心構え」と「切られる者の備え」
岡村 進
宇宙×防災、3.11の教訓から生まれた防災ゼリー
災害時にも介護食にも、「極限環境」でもおいしく健康に
林 公代
米国で対中戦略新提案「“選別”で経済関係縮小を」
米国学界最大のアジア研究機関が「部分的な不関与」を提案
古森 義久