白昼に閣僚を刃物で襲撃、インドネシアで特異テロ

「人権侵害」への報復疑惑が消えぬ中、当局は早々に「テロ」認定
この写真の記事へ戻る
10月10日、インドネシア・バンテン州で「テロ」により負傷し、ヘリコプターでジャカルタの病院に搬送されるウィラント調整相(写真:AP/アフロ)

国際の写真

まるで米国への挑発、習近平「国賓招待」の危うさ
南アジアの政治家を泣かせるタマネギの高騰
韓国の「安全保障」を分析する
アフガンの農業から考える中村医師殺害の本当の理由
米大統領選:秘密兵器「メラニア」がついに始動
創設70周年迎えたNATO、危機って何の危機?