白昼に閣僚を刃物で襲撃、インドネシアで特異テロ

「人権侵害」への報復疑惑が消えぬ中、当局は早々に「テロ」認定
この写真の記事へ戻る
10月10日、インドネシア・バンテン州で「テロ」により負傷し、ヘリコプターでジャカルタの病院に搬送されるウィラント調整相(写真:AP/アフロ)

国際の写真

セクハラ疑惑のソウル市長、自殺で追及回避には失望
朴市長のセクハラ疑惑不問にし被害者貶める韓国与党
まだ第1波の序の口にあるグローバル・コロナ
人種差別との戦い、新しいイデオロギーの誕生
一時停止違反より軽いコロナ対策では効果がない
北京陥落、首つり自殺を遂げた明朝最後の皇帝

本日の新着

一覧
セクハラ疑惑のソウル市長、自殺で追及回避には失望
セクハラ撲滅の旗手、真の市民運動家だったのに・・・
武藤 正敏
北京陥落、首つり自殺を遂げた明朝最後の皇帝
ラストキングダム・清が中華を統一するまで(2)
花園 祐
富裕層以外はおやめなさい 金価格への大きな誤解
高騰が続く「金」はどこまで上がるのか?
加谷 珪一
日本では900万人が居眠り運転している?
【連載】パンデミック時代の健康管理術(第12回)
近藤 慎太郎