ラグビー・アイルランド代表はなぜ合同チームなのか

英国のEU離脱で再燃するかもしれない“歴史的対立”
記事へ戻る
2019年10月3日、ラグビー・ワールドカップでロシア戦に臨むアイルランドチーム。(写真:ロイター/アフロ)
アイルランド共和国の旗
北アイルランドの旗
北アイルランド(赤い線で囲まれた場所)は英国領である(Googleマップ)
拡大画像表示

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
次はどの国? 教皇フランシスコのアジア訪問の意味
ローマ教皇が仏教国のタイと日本を連続訪問する理由(後編)
佐藤 けんいち
なぜ?世界中の「反中」探しSNSで糾弾する中国人
謝罪に追い込むなんて朝飯前、恐るべき中国人のSNS攻撃力
譚 璐美
クラシック「名曲」になる曲は一体どこが違うのか
時を超え国を超える素晴らしい文化遺産に秘められたもの
諸井 誠
祝賀パレードとラグビーW杯
ボランティアとして沿道からあふれた人を見て提案したいこと
森 清勇