ラグビー・アイルランド代表はなぜ合同チームなのか

英国のEU離脱で再燃するかもしれない“歴史的対立”
この写真の記事へ戻る
2019年10月3日、ラグビー・ワールドカップでロシア戦に臨むアイルランドチーム。(写真:ロイター/アフロ)
アイルランド共和国の旗
北アイルランドの旗
北アイルランド(赤い線で囲まれた場所)は英国領である(Googleマップ)
拡大画像表示

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
残るか戻るか?武田信玄の進撃による上杉謙信の決断
謙信越山:第17回「在陣か帰陣か、上杉政虎の決断」
乃至 政彦
次に困らないまちづくり、決め手は人材育成
都農町の先手必勝戦略、受け身の姿勢では市町村合併の憂き目に
中川 敬文
中南米の経済的な悲劇
新興国ブームに乗れなかった出遅れ組、コロナ禍で不況に拍車
The Economist
開城を爆破されても「北朝鮮従属」人事を敷く文在寅
新たな北朝鮮担当の顔ぶれで分かる北への「擦り寄り強化」の意図
武藤 正敏