過疎地の切り札として期待のドローン活用を実験

岡山県和気町で商品配送など複数用途を同時に試行
2019.10.10(木) 栗原 雅
記事へ戻る
岡山県和気町の実証実験に参画する企業の担当者。左からエアロジーラボの谷紳一社長、レイヤーズ・コンサルティングの草加好弘事業戦略事業部統括マネージングディレクター、ファミリーマートの青木実執行役員、コニカミノルタの柴谷一弘産業光学システム事業本部グループリーダー
図 実証実験におけるドローンの飛行ルート(レイヤーズ・コンサルティング提供)
拡大画像表示
写真 岡山県和気町の草加信義町長

ビジネスの写真

アマゾン、世界AIスピーカー市場でダントツ
巷で話題のインクルージョンで簡単に成果を出す方法
トランプ氏と米工場を視察、アップルCEOの狙いとは
アマゾンが食品小売事業で競合ウォルマートに猛攻撃
外資の首切りを羨む社長が決定的に見落としている事
働き方改革を阻害するのは昭和を引きずった経営者?

本日の新着

一覧
トルシエが宙を舞った!日本代表を育てた問題児の今
日本サッカーに対する貢献度が最も大きかった代表監督
後藤 健生
ペナン島水上の家で扇風機に当たる猫とおばあさん
世界遺産ジョージタウンをシッポを立てて案内してくれる猫たち
新美 敬子