過疎地の切り札として期待のドローン活用を実験

岡山県和気町で商品配送など複数用途を同時に試行
2019.10.10(木) 栗原 雅
この写真の記事へ戻る
岡山県和気町の実証実験に参画する企業の担当者。左からエアロジーラボの谷紳一社長、レイヤーズ・コンサルティングの草加好弘事業戦略事業部統括マネージングディレクター、ファミリーマートの青木実執行役員、コニカミノルタの柴谷一弘産業光学システム事業本部グループリーダー
図 実証実験におけるドローンの飛行ルート(レイヤーズ・コンサルティング提供)
拡大画像表示
写真 岡山県和気町の草加信義町長

ビジネスの写真

1970年代のクラフトワーク
今、そこにあるチャンス
半導体の歴史に重大事件、ファーウェイは“詰んだ”
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢
リーダーはコロナ後ではなく20年後に想い馳せよ
実は京アニとトランプに繋がっている「テラハ」ヘイト

本日の新着

一覧
高校までは4月、大学は9月入学のメリット
大学入学前に福祉・農業や自衛隊の社会体験の義務づけ
森 清勇
「黒人のアメリカ人として、心底恐ろしい」 警官による黒人男性殺害で若者たち
BBC
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢
【通商未来予想図Ⅰ】自国ファースト蔓延で決壊寸前のWTO体制
羽生田 慶介
今、そこにあるチャンス
未熟者の挑戦と失敗と奇跡の半生記
惣才 翼