過疎地の切り札として期待のドローン活用を実験

岡山県和気町で商品配送など複数用途を同時に試行
2019.10.10(木) 栗原 雅
この写真の記事へ戻る
岡山県和気町の実証実験に参画する企業の担当者。左からエアロジーラボの谷紳一社長、レイヤーズ・コンサルティングの草加好弘事業戦略事業部統括マネージングディレクター、ファミリーマートの青木実執行役員、コニカミノルタの柴谷一弘産業光学システム事業本部グループリーダー
図 実証実験におけるドローンの飛行ルート(レイヤーズ・コンサルティング提供)
拡大画像表示
写真 岡山県和気町の草加信義町長

ビジネスの写真

アップル、中国でモバイルゲームを大量削除か
日韓逆転も…韓国労組、最低賃金16%引き上げを
ICTで道路舗装に革命を起こすすごいベンチャー
コロナ禍の今こそ「ダントツの工場」になるチャンス
フェイスブック広告のボイコット、収束のめど立たず
日本は今まさに大転換期の真っ只中にいる

本日の新着

一覧
漂う陰謀の匂い、フィリピン警官が軍兵士4人を射殺
偶発的事故か計画的殺害か、食い違う警察と陸軍それぞれの言い分
大塚 智彦