過疎地の切り札として期待のドローン活用を実験

岡山県和気町で商品配送など複数用途を同時に試行
2019.10.10(木) 栗原 雅
この写真の記事へ戻る
岡山県和気町の実証実験に参画する企業の担当者。左からエアロジーラボの谷紳一社長、レイヤーズ・コンサルティングの草加好弘事業戦略事業部統括マネージングディレクター、ファミリーマートの青木実執行役員、コニカミノルタの柴谷一弘産業光学システム事業本部グループリーダー
図 実証実験におけるドローンの飛行ルート(レイヤーズ・コンサルティング提供)
拡大画像表示
写真 岡山県和気町の草加信義町長

ビジネスの写真

アマゾン、米政府が「悪質市場」指定を検討中
韓国SKグループ揺るがす会長の「1兆ウォン離婚訴訟」
「一流病」が組織を二流にする
ウーバーイーツ問題、会社と闘うことは簡単ではない
アリババ出資の香港企業、自動運転で他社追い抜く?
アフラックに聞く!テレワーク成功の決め手