北朝鮮「SLBM」の脅威、日本に必要な対抗策とは?

「潜水艦戦隊」完成までが猶予期間、海軍力の増強を急げ
2019.10.10(木) 北村 淳
安全保障
記事へ戻る
航空自衛隊のパトリオット(PAC3)(2017年8月29日撮影、写真:ロイター/アフロ)
北朝鮮当局が発表したSLBM発射の写真には艀を曳航したと思われる船が写っている
北朝鮮が北朝鮮沿海域(黄色い枠組み)海中の潜水艦からSLBMを発射した場合、最大射程1100キロメートル(内側の白い円)で日本の主要都市部を、最大射程1600キロメートル(外側の白い円)で全ての在日米軍基地を攻撃することが可能となる。SLBM発射地点は北朝鮮の地対空ミサイルや地対艦ミサイルの射程圏(赤い円)であり、安全が確保されている

政治経済の写真

「推薦枠」なんて初耳!桜を見る会は「廃止」が当然
「桜を見る会」でワイドショー化する国会
ウクライナかすむトランプの下半身
弾劾へ、始まった公聴会中継の中身
佐倉市の洪水を科学の目で現場検証
安倍首相、中国の狡猾さをお忘れか

本日の新着

一覧
ペナン島水上の家で扇風機に当たる猫とおばあさん
世界遺産ジョージタウンをシッポを立てて案内してくれる猫たち
新美 敬子
トルシエが宙を舞った!日本代表を育てた問題児の今
日本サッカーに対する貢献度が最も大きかった代表監督
後藤 健生