北朝鮮「SLBM」の脅威、日本に必要な対抗策とは?

「潜水艦戦隊」完成までが猶予期間、海軍力の増強を急げ
2019.10.10(木) 北村 淳
安全保障
この写真の記事へ戻る
航空自衛隊のパトリオット(PAC3)(2017年8月29日撮影、写真:ロイター/アフロ)
北朝鮮当局が発表したSLBM発射の写真には艀を曳航したと思われる船が写っている
北朝鮮が北朝鮮沿海域(黄色い枠組み)海中の潜水艦からSLBMを発射した場合、最大射程1100キロメートル(内側の白い円)で日本の主要都市部を、最大射程1600キロメートル(外側の白い円)で全ての在日米軍基地を攻撃することが可能となる。SLBM発射地点は北朝鮮の地対空ミサイルや地対艦ミサイルの射程圏(赤い円)であり、安全が確保されている

政治経済の写真

牙をむくドラゴン、恐怖による支配が始まった
なんで雪山では「眠るな、死ぬぞ!」と叫ぶのか
高校までは4月、大学は9月入学のメリット
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢
Allegations of fake university degree haunt Tokyo Governor Yuriko Koike (vol.4)
リーダーはコロナ後ではなく20年後に想い馳せよ

本日の新着

一覧
Allegations of fake university degree haunt Tokyo Governor Yuriko Koike (vol.4)
Another Suspicion; "Fraudulent Transfer”
Ryo Kuroki
高校までは4月、大学は9月入学のメリット
大学入学前に福祉・農業や自衛隊の社会体験の義務づけ
森 清勇
半導体の歴史に重大事件、ファーウェイは“詰んだ”
台湾TSMCが米国陣営に、中国「一帯一路」構想に大打撃
湯之上 隆
「黒人のアメリカ人として、心底恐ろしい」 警官による黒人男性殺害で若者たち
BBC