水素原子1つ分の「時空の歪み」を感知せよ!

重力波望遠鏡KAGRA、いよいよ観測へ(1)
2019.10.4(金) 林 公代
宇宙・物理学術
記事へ戻る
内部にサファイア鏡を搭載したKAGRAのクライオスタット。4カ所あるうち、Yアームの付け根にある装置。この上に14mの防振部が伸びている。(提供:東京大学宇宙線研究所)
東京大学宇宙線研究所 重力波観測研究施設長 大橋正健教授。
「かぐらトンネル」の入り口。
神岡鉱山とKAGRA、SKの位置関係。(提供:東京大学宇宙線研究所)
かぐらトンネル内へ。側溝には湧き水が流れるが、雪解けの時期は増えるそう。時々、頭上から湧水が滴り落ちてくる
長さ3kmの真空ダクトの中をレーザー光が往復。 2本あるアームトンネルのうち、見学したのはXアームトンネル。
中央実験室でまず目に入るのは光検出器だ。
9月30日のKAGRA報道公開の見学場所(黒いマーク)。上の写真は前室から中央実験室に入ったところの光検出器。(提供:東京大学宇宙線研究所)
この奥にレーザールームがあり、周波数や強度の安定したレーザー光が発射される。
サファイア鏡を格納した防振装置付きクライオスタットは、合計4カ所に設置されている。(提供:東京大学宇宙線研究所)
KAGRAの特徴の1つ、わずかな振動も許さないシステム。
2018年8月、クライオスタット内へのサファイア鏡設置作業中。一番下にあるのが直径22cmのサファイア鏡。低温サファイア鏡懸架システムにつるされた状態。赤い色は保護膜の色。実際は不純物を取り除いたため宝石の青いサファイアと異なり、透明の単結晶。(提供:東京大学宇宙線研究所)
クライオスタット内でサファイア鏡をつった状態を、鏡の側面から見ているところ。(提供:東京大学宇宙線研究所)

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
外資メーカーが中国脱出、動きが遅すぎる日本企業
“脱中国”で加速するアジアの工場用地争奪戦
姫田 小夏
世界経済の不可思議な新ルール
崩れゆく政府と中銀の役割分担、公的機関の作り替えが不可欠
The Economist
NSCの人員を半減させる米国の真意
ボルトン補佐官の後任は役人の中の役人
堀田 佳男
「犯人を捕まえたい!」ノンフィクション作家の執念
HONZ特選本『黄金州の殺人鬼─凶悪犯を追いつめた執念の捜査録』
HONZ