インドネシア、汚職捜査機関が「骨抜き」の危機に

権力者たちの巻き返しで「汚職大国」に逆戻りの可能性も
この写真の記事へ戻る
暴漢に襲われ片目を失明したインドネシアの汚職撲滅委員会(KPK)の捜査官ノフェル・パスウェダン氏(左)。握手しているのは、今年1月、自宅に火炎瓶を投げ込まれたKPKのラオデ・シャリフ副議長(2018年2月22日撮影。写真:AP/アフロ)
インドネシアの週刊誌「テンポ」9月16日号の表紙。ジョコ大統領の姿勢を揶揄している

国際の写真

米国の研究機関に堂々と巣食う中国のスパイたち
米国デモ過激化、「アンティファ」黒幕説は本当か?
ドナルド・トランプと人種に基づく選挙の可能性
世界が注目する「死者ゼロの国ベトナム」
牙をむくドラゴン、恐怖による支配が始まった
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢