食品ロスの解決にも! 新技術が食の世界を開く

食の専門展に技術革新と創意工夫を見る
2019.9.20(金) 漆原 次郎
食品・外食
この写真の記事へ戻る
液体の水など常温のものを、あっというまに凍結させる方法とは? 食品の製造・加工をめぐる技術の日進月歩が、食の専門展では感じられる。
(上)パック内に入った水。(中)これを「凍眠ミニ」の氷点下30度ほどのエタノール液に浸す。(下)1分ほどでパック内の水が凍結した。
拡大画像表示
左は「凍眠ミニ」で凍結させたこんにゃくゼリーの断面。右は凍結庫で凍結させたもの。
超撥油コートのフィルムにスポイトで水を垂らしたところ。水は広がらず、染み込まず、露のような形でとどまっていた。
通常のケーキフィルム(左)と違い、超撥油コートのフィルム(右)にはケーキのホイップクリームが付かない。蓮の葉の表面効果とフッ素加工の効果の2つを利用している。(写真提供:SNT)
(上)「EXフィット手袋」。(下)同手袋の外からゴム手袋をはめたところ。
拡大画像表示

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
平均寿命の推移から考える中国の医療水準の実態
川島 博之
新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
多国籍企業の慢心があだ、世界の供給網に長期的な影響も
The Economist
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
GSOMIA破棄を再検討、東京オリンピック妨害工作も
福山 隆
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
平安貴族列伝(6)
倉本 一宏