JVCケンウッドが社外との共創で成果を出せた理由

日本企業におけるオープンイノベーションのあるべき姿(1)
この写真の記事へ戻る
オープンイノベーションを実行に移していくには、どうしたらよいのだろうか。
真島太一氏。株式会社JVCケンウッド DXビジネス事業部 テレマティクスサービス部 副部長。新入社員で当時のケンウッドに入社、携帯電話部門でベースバンドおよび音質改善の技術者として従事。その後、F1のマクラーレンへの無線機開発や新規デジタル無線システムの標準プロトコル策定など、社内でも新規分野の開発を担当。2015年に経営企画部へ異動した後、新事業創出を目的としたソリューション開発部を4名からスタートし本年4月にDXビジネス事業部へと拡大させたメンバーの一人。
インタビューを終えて。左から、Creww矢野、真島氏、ADL松岡。

ビジネスの写真

アマゾン、「ロボットタクシー」開発企業に買収提案
突然のクビ宣告、そのときあなたはどう行動すべきか
米テック大手で広がる在宅の継続と永続
大阪・飛田新地が女の子に抗体検査を実施するわけ
コロナが強めた消費者の不安、企業は何をすべきか?
トップの力量に差、ルノーに飲まれる日産・三菱自

本日の新着

一覧
突然のクビ宣告、そのときあなたはどう行動すべきか
頼るべきは労基署? 労働委員会? 労組? それとも・・・
尾藤 克之
人を司る、形なきものの影
加持祈祷から観える人間の因縁、因果の実体
池口 恵観
自粛要請に応じないパチンコ店にどう対応すべきか?
NFIからの提言(4)行動変容を促す仕組みを行政学でひもとく
森田 朗
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
チョムスキー博士:社会病質者で誇大妄想狂には収束できない
高濱 賛