インドネシア、今も未解決の人権活動家「暗殺事件」

事件から15年、真相解明を期待されるジョコ大統領を阻む壁
この写真の記事へ戻る
今春、ジャカルタの国立図書館内の展示スペースで開かれた、殺害された人権活動家ムニール氏を追悼する展覧会(筆者撮影)
8月26日、インドネシアの新首都をカリマンタン東部にすることを発表するジョコ・ウィドド大統領(中央)。右はヨスフ・カラ副大統領、左はソフィアン・ジャリル農地・都市計画大臣(写真:AP/アフロ)
2004年9月、大統領選への投票を終えたインドネシアのスハルト元大統領(写真:ロイター/アフロ)

国際の写真

新型コロナ犠牲者より大切な兵器製造
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
都合よく歴史を忘れる韓国のプロパガンダ恋愛ドラマ
香港「国家安全法」の衝撃、習近平が暴挙に出た理由
呆れるほどの媚中ぶり、「台湾旗」禁じたフン・セン
独り核軍拡を進める中国、ついに米国が動く

本日の新着

一覧
都合よく歴史を忘れる韓国のプロパガンダ恋愛ドラマ
「愛の不時着」の歴史修正主義 (後編)
岩田 太郎
「ボリス・ジョンソンは信用を失った」 上級顧問がロックダウン中に長距離移動で
BBC
人を司る、形なきものの影
加持祈祷から観える人間の因縁、因果の実体
池口 恵観
アマゾン、「ロボットタクシー」開発企業に買収提案
狙いは物流の無人化、モビリティー分野への投資加速
小久保 重信