2万5600光年の彼方、銀河中心で何が起きている?

銀河中心のモンスター、超巨大ブラックホールが活性化
2019.9.5(木) 小谷 太郎
宇宙・物理学術
記事へ戻る
銀河中心を仲良く観測するケック望遠鏡(左)とすばる望遠鏡(右)。補償光学用のレーザーが光っている。(今回紹介するデータの取得時に撮影された写真ではありません。)
(提供:W. M. Keck Observatory/Sean Goebel)
(提供:W. M. Keck Observatory/Sean Goebel)
天の川銀河中心の超巨大ブラックホールSgr A*を周回する恒星の群れ。ケック望遠鏡による1995年~2018年のデータ。
(提供:UCLA Galactic Center Group - W.M. Keck Observatory Laser Team. This image was created by Prof. Andrea Ghez and her research team at UCLA and are from data sets obtained with the W. M. Keck Telescopes.)
【画像をクリックして動画を再生】 超巨大ブラックホールSgr A*の赤外線放射の時間変化。2.5時間を圧縮。ケック望遠鏡で2019年5月13日(協定世界時)に撮像。 (提供:杜亨駿(Tuan Do))

科学の写真

また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う必然性
地層は語る! 6600万年前の恐竜絶滅から分かること
ノーベル医学生理学賞:がん細胞が転移にも利用
ラグビーも影響か、インフルエンザが既に大流行
医療のIT化:世界一の速さで進む中国に盲点
水素原子1つ分の「時空の歪み」を感知せよ!

本日の新着

一覧
台風を期に公共投資「所得倍増」を!
「伊勢湾台風」型の進路が示唆するもの
伊東 乾
「犯人を捕まえたい!」ノンフィクション作家の執念
HONZ特選本『黄金州の殺人鬼─凶悪犯を追いつめた執念の捜査録』
HONZ
「曺国辞任」、さらに追いつめられる文在寅大統領
東アジア「深層取材ノート」(第7回)
近藤 大介
NSCの人員を半減させる米国の真意
ボルトン補佐官の後任は役人の中の役人
堀田 佳男