「消防応援団」蝶野正洋が訴える地域防災の重要性

災害大国日本の「自助」「共助」「公助」を考える(第1回)
この写真の記事へ戻る
1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。生田新道・東急ハンズあたり(出所:Wikipedia、撮影:松岡明芳)
防災減災119
企画・発案:蝶野正洋
監修:加藤孝一
発行:主婦の友インフォス
発売:主婦の友社
発売日:2019-08-29
加藤 孝一氏(左)
筑波大学大学院教育研究科修士課程修了。36年間、東京消防庁に勤務。海外研修生としてドイツや英国の消防機関に派遣。予防行政や地域防災を担当。在職中、早稲田大学の非常勤講師を兼職。現在は東京ビルメンテナンス協会委員兼講師、防災士。
蝶野 正洋氏(右)
1984年に新日本プロレス入門、同年リングデビュー。現在はテレビや講演などの他、自身のアパレルブランド「ARISTRIST」の代表を務める。2014年に一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立、地域防災と救急救命の普及啓発活動を行う。

政治経済の写真

斬られた前会長の反撃、積水H地面師事件の第二幕
ゴミ処理誤りウィルス拡散? 強権体制が招いた大失態
トランプ再選は世界にとって危険だ
米大統領選現地リポ:激変した戦法
大量処刑も「法令遵守」の黒い闇
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人

本日の新着

一覧
新型肺炎で日本製造業の脱・中国依存は一気に進むか
撤退したくても撤退できない企業にとって“決断の時”
姫田 小夏
新型コロナに怯える中国での生活、一変した上海の今
ある日突然襲ってきた恐怖、人も車も消えた街の様子
山田 珠世
ゴミ処理誤りウィルス拡散? 強権体制が招いた大失態
中国共産党政権の幕引きか、日本も対岸の火事にあらず
伊東 乾
斬られた前会長の反撃、積水H地面師事件の第二幕
前会長の株主提案は今も謎残る五反田事件の真相究明につながるか
大西 康之