幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第16回)
2019.8.23(金) 柳原 三佳
歴史
記事へ戻る
使節の一人、木村鉄太が描いたパナマ地峡の図(『万延元年遣米使節 航米記』より)
拡大画像表示
パナマからアスペンウォールに至る蒸気機関車への移動中、沿線住民は熱狂して手を振っていた(『玉虫左太夫「航海日録」を読む』より)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

上原浩治「正座をして見た工藤公康さんのピッチング」
企業とスポーツとの協働が注目される理由
上原浩治明かす「遅い球」と言われて勝ち続けた理由
日本代表ベスト8へ、ラグビー3つのルール
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権

本日の新着

一覧
誰がトランプの米国を信用できるのか?
クルド人に対する裏切りの代償、地政学への影響は甚大
The Economist
ジュリアーニの手榴弾で万事休すか
ウクライナゲート疑惑巡り米議会は「公開」聴聞会へ
高濱 賛
企業とスポーツとの協働が注目される理由
欧米型の企業スポンサードが日本にもやってきた
岡田 真理
原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池
「お祭り」ではなくノーベル賞から建設的な基礎科学を!
伊東 乾