幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第16回)
2019.8.23(金) 柳原 三佳
歴史
この写真の記事へ戻る
使節の一人、木村鉄太が描いたパナマ地峡の図(『万延元年遣米使節 航米記』より)
拡大画像表示
パナマからアスペンウォールに至る蒸気機関車への移動中、沿線住民は熱狂して手を振っていた(『玉虫左太夫「航海日録」を読む』より)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

国境をかすめ、ひたすら東へ
投資信託の「指数」にはどんな種類があるの?
人を司る、形なきものの影
プロ野球開幕決定も「密の危険」は拭えず
コロナの時代のモード 前編
【夫婦/単身】老後生活費の平均額はどのくらい?

本日の新着

一覧
海外メディアが絶賛の「日本モデル」成功の鍵は何か
「ファクターX」の解明は日本の使命
池田 信夫
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
チョムスキー博士:社会病質者で誇大妄想狂には収束できない
高濱 賛
自粛要請に応じないパチンコ店にどう対応すべきか?
NFIからの提言(4)行動変容を促す仕組みを行政学でひもとく
森田 朗
人を司る、形なきものの影
加持祈祷から観える人間の因縁、因果の実体
池口 恵観