今なお続くインドネシア「スカルノ一族支配」の構図

現職ジョコ・ウィドド大統領も「垂簾聴政」で傀儡化の懸念
この写真の記事へ戻る
8月17日、ジャカルタにあるムルデカ宮殿で開かれた独立記念日の式典で、旗手に国旗を手渡すジョコ・ウィドド大統領。(写真:AP/アフロ)
8月10日、PDIP党大会最終日に新執行部メンバーの左からハスト事務局長、次男プラナンダ氏、右にプアン調整相の間で服務の宣誓をするメガワティ党首(筆者撮影)
スカルノ初代大統領(右)。メガワティ元大統領の母である第一夫人ファトマワティ(左)とリチャード・ニクソン副大統領とともに(1953年)
8月8日バリ島でのPDIP党大会であいさつするジョコ・ウィドド大統領(筆者撮影)

国際の写真

新型肺炎で北朝鮮崩壊、3つのシナリオ
中国と縁切る好機到来、米国が新型肺炎を最大活用
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
虐げられる者の静かな怒り、ある日こうして爆発する
異例の公表、中国軍で新型コロナが大規模感染か
新型コロナ、世界経済に新種の脅威

本日の新着

一覧
「戦国最弱」と愛される常陸の不死鳥・小田氏治
謙信越山:第4回「小田氏治の関東総進撃」
乃至 政彦
新型ウイルス、米テック大手が悪質行為への対策強化
混乱に乗じた虚偽情報の拡散防止で各社が協力
小久保 重信
新型肺炎で北朝鮮崩壊、3つのシナリオ
ルーマニア型の崩壊か、最悪は第2次朝鮮戦争へ
福山 隆
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
「新型肺炎」に対する習政権と安倍政権
日本戦略研究フォーラム