韓国の不買運動、日本で報じられない裏側のカラクリ

「不買運動パフォーマンス」を主導するのは一般市民にあらず
2019.7.10(水) 崔 碩栄
韓国・北朝鮮
記事へ戻る
日本が半導体材料の韓国への輸出規制を強化したことを受け、韓国で日本製品の不買を呼びかける動きが広がっている。7月7日、ソウルしたスーパーで、従業員が日本のビール、タバコ、食品を棚から取り出し返品準備をしている。(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
1920年代 朝鮮物産奨励運動ポスター。『他が作った製品を買わないようにしよう、買えば我々は次第にやっていけなくなる』というスローガンが示されている。ここで「他」というのは日本のことである
1965年の日本商品不買運動の記事
こちらは1976年の日本商品不買運動の記事
『韓国「反日フェイク」の病理学』(崔碩栄著、小学館新書)

国際の写真

韓国の若き財閥総帥の「危機経営」
米国が新次元の対中政策、中国をソ連と同じ敵性国に
脆い世界経済、火遊びする政策立案者
マラソンと競歩だけか、札幌移転
墜落してもF-35が名機となる理由
ジュリアーニの手榴弾で万事休すか