スタートアップ大国イスラエルで体験した「実情」

未来と過去が密に関係し合う複雑な国家
記事へ戻る
エルサレムの「嘆きの壁」。この地の歴史を最も感じさせる場所かもしれない(筆者撮影、以下同)
本コラムは新潮社の会員制国際情報サイト「新潮社フォーサイト」の提供記事です。フォーサイトの会員登録はこちら
街で出会った「超正統派」の人々
イスラエルの「シリコンバレー」海外企業のR&Dセンター
(注)イスラエルでR&Dセンターを設立した海外企業は250社以上ある。そのR&Dセンターでは5万人以上が雇用されている。
出典:「START-UP NATIONイスラエルのイノベーションストーリー&企業のビジネスマナー:イスラエルvs日本」(ソフィーヤ・べレザンスキ・イスラエル日本商工会議所事務局長作成)
出典:タイガーモブ提供資料
参考:ハーバード・ビジネススクール教授のマイケル・ポーターは、このようなエコシステムを「クラスター」と呼ぶ。「クラスター」は、特定の分野で相互に連関している組織――様々な企業、政府機関、大学――の地理的な集積により成り立つ、経済の発展のための独特のモデルのことである。

国際の写真

ラグビー・アイルランド代表はなぜ合同チームなのか
白昼に閣僚を刃物で襲撃、インドネシアで特異テロ
トランプの「再選戦略」、あまりに大きいその代償
シェールブームの異変を織り込んでいない原油市場
また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う必然性
ラグビーW杯代表・具智元が韓国の「反日」を変える