日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由

不幸な自治体の形はみな一様、幸せな自治体にはそれぞれの形が
2019.6.10(月) 朝比奈 一郎
地域経済
記事へ戻る
富山県・五箇山には茅葺で合掌造りの古民家が残っている
鳥取・倉吉には古い町並みが残る(写真:KONO KIYOSHI/アフロ)
那須塩原は本州一の生乳産出額を誇る(写真はイメージ)
電柱がない川越市の街並み
現代の「フラダンス」は古典フラにタヒチアンダンスの要素を盛り込んで作られた

地域の写真

発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
意外に豪雨に脆い東京、自治体の危機管理は万全か
新潟市が農業体験施設アグリパークを作った理由
指示待ち国民はなぜ生まれるのか?
北の大地に根付くオープンイノベーション気質とは
移住して5カ月、41歳の“よそ者”が町長になるまで