東京に大型クルーズ船がやって来たら何が起きるのか

すでに限界、これ以上の観光客は東京を壊すだけ
2019.6.11(火) 姫田 小夏
時事・社会経済
記事へ戻る
手狭な東京港にこれからクルーズ船がどんどん入ってくるようになる(資料写真:筆者撮影、以下同)
周辺の案内板は旧駅名のまま
晴海埠頭、レインボーブリッジ、東京国際クルーズターミナルの位置関係。東京港に入港した船が地図上部の晴海埠頭に行くには、レインボーブリッジの下をくぐらなければならない(Googleマップ)
拡大画像表示
完成予想図からすると、新ターミナルはだいぶ狭そうだ
ターミナルと陸地の間にかかる連絡通路。大型バス、タクシー、貨車、そして人がここを通過する
トレーラー車と観光バスがうまく棲み分けができればいいが

政治経済の写真

「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
減益に転じる米国株式会社
参院選は与党圧勝 、日本の野党はなぜこんなに弱い
間違いだらけの「MMT批判」を批判する
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン

本日の新着

一覧
未来の採用、「ネット上の合法」企業に人は集まる
ベンチャー社長に聞くタイムマシン経営学(VOL.1/リブセンス)
企業取材集団IZUMO
日韓対立激化も米国では「大したことない」の見方
「両国の関係は相変わらず健全」と唱える論文の真意とは
古森 義久
発端は庭木の影、隣人の苦情が生む戦慄のサスペンス
映画で読み解く社会学:『隣の影』(2017年、アイスランド合作)
髙山 亜紀
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「ボク」「キミ」が使われるようになった歴史と浪花節
伊東 乾