働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ

コワーキングスペースに見る、街のイメージと仕事の関係
この写真の記事へ戻る
コワーキングスペースの立地は、どのような意味を持つのだろうか。
國學院大學経済学部准教授の山本健太氏。博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。地理学の視点から日本の経済・地域経済の振興を研究する。「ひたすら歩き、話を聞くことで地域の経済が見えてくる」を信条に、フィールドワークを中心とした実証主義に基づく研究を続ける気鋭の地域経済専門家。
主要なポータルサイトに登録されている、全国47都道府県におけるコワーキングスペースの分布(2017年4月時点)。
拡大画像表示
山本氏が調査対象とした、東京都内のコワーキングスペースの立地。(2017年2月時点)
拡大画像表示
店舗側が立地場所選択の際に重視した理由。立地理由上位3点について、1位を5点、2位を3点、3位を1点としてポイント化した結果を表している。
拡大画像表示

ビジネスの写真

新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
テレワークは従業員を自律させ企業を成長させる妙手
新型ウイルスの影響で世界最大のモバイル展が中止
トップダウン型組織でイノベーションが滞る理由
ボッシュ、P&G、アマゾンが挑むAI時代の業態変革
新型コロナウイルス、中国のスマホ市場に大打撃

本日の新着

一覧
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
平安貴族列伝(6)
倉本 一宏
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
GSOMIA破棄を再検討、東京オリンピック妨害工作も
福山 隆
釣りもビジネスも情報戦:木更津のクロダイ釣り
フェイクニュースを見極めないと人生は豊かに過ごせない
梶 尚人
地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
行政と民間が取り組む大きな交通再編、その中身とは
有井 太郎