働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ

コワーキングスペースに見る、街のイメージと仕事の関係
記事へ戻る
コワーキングスペースの立地は、どのような意味を持つのだろうか。
國學院大學経済学部准教授の山本健太氏。博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。地理学の視点から日本の経済・地域経済の振興を研究する。「ひたすら歩き、話を聞くことで地域の経済が見えてくる」を信条に、フィールドワークを中心とした実証主義に基づく研究を続ける気鋭の地域経済専門家。
主要なポータルサイトに登録されている、全国47都道府県におけるコワーキングスペースの分布(2017年4月時点)。
拡大画像表示
山本氏が調査対象とした、東京都内のコワーキングスペースの立地。(2017年2月時点)
拡大画像表示
店舗側が立地場所選択の際に重視した理由。立地理由上位3点について、1位を5点、2位を3点、3位を1点としてポイント化した結果を表している。
拡大画像表示

ビジネスの写真

やる気失った「中高年」をピカピカの戦力に変える法
日本企業の活路は“世界のものづくり支援”にある
謙虚なコピーでミラクルを起こしたレンタカー会社
ドローン×ブロックチェーンがもたらす防災新次元
現場の声を反映した研修の中身が「空疎」になる理由
大船渡・佐々木が故障予防ITデバイスを使っていたら

本日の新着

一覧
中国が皇居・官邸の3D地図入手、北朝鮮にも流出か
スパイ防止法がない日本は無防備すぎる!
森 清勇
世界経済の行方、景気悪化に身構える市場
債券、為替、商品市場が発する不穏なシグナル
The Economist
下り坂の中国自動車市場で日系メーカーが大躍進
HV車が好調、環境政策がさらに追い風に?
花園 祐
日本企業の活路は“世界のものづくり支援”にある
ベンチャー社長に聞くタイムマシン経営学(VOL.2/ダルマテックラボ)
企業取材集団IZUMO