151年前の冤罪事件、小栗上野介・終焉の地訪問記

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第14回)
2019.5.31(金) 柳原 三佳
歴史
記事へ戻る
万延元年遣米使節団の正使・新見正興(中央)、副使・村垣範正(左)と目付の小栗上野介(右)
小栗上野介の像(東善寺、筆者撮影)
小栗が眠る墓(東善寺、筆者撮影)
斬首される直前の小栗が最後に乗った駕籠(筆者撮影)
小栗上野介 顕彰慰霊碑(筆者撮影)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

モラハラ提訴した織田信成氏が「悪者」になる謎
米エアビー、五輪スポンサー契約は大きな賭け
デキる人は「歯」が命
今の時代、利回り5%を実現する方法を考える
最初は足軽だった、明智光秀出生の謎
クラシック「名曲」になる曲は一体どこが違うのか

本日の新着

一覧
すっぱ抜かれた悪行、新疆と香港を踏みにじる中国
NYTが内部文書をスクープ、徹底的な新疆弾圧を指示した習近平
福島 香織
ウーバー自動運転車の死亡事故はなぜ起きた
米運輸安全委員会の調査結果で明らかに
小久保 重信
モラハラ提訴した織田信成氏が「悪者」になる謎
メディアの報道ぶりに「女帝」への忖度は働いていないか?
臼北 信行
デキる人は「歯」が命
見た目や口臭対策だけじゃない、口内環境の改善のメリット
松本 利明