151年前の冤罪事件、小栗上野介・終焉の地訪問記

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第14回)
2019.5.31(金) 柳原 三佳
歴史
この写真の記事へ戻る
万延元年遣米使節団の正使・新見正興(中央)、副使・村垣範正(左)と目付の小栗上野介(右)
小栗上野介の像(東善寺、筆者撮影)
小栗が眠る墓(東善寺、筆者撮影)
斬首される直前の小栗が最後に乗った駕籠(筆者撮影)
小栗上野介 顕彰慰霊碑(筆者撮影)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

なぜ上杉謙信はわざわざ鎌倉で関東管領になったのか
奈良に出現!イスラエルの巨匠が仕掛けた巨大アート
レトルト食品の高い性能をあらためて考える
パッショーネを秘めたリスタート
開幕泥沼の阪神タイガース「現場」と「育成」の迷走
2つの「げんせん」で企業価値を重視する日本株投信

本日の新着

一覧
漂う陰謀の匂い、フィリピン警官が軍兵士4人を射殺
偶発的事故か計画的殺害か、食い違う警察と陸軍それぞれの言い分
大塚 智彦