NHKが「誤解与えた」咸臨丸神話、その後の顛末

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第13回)
2019.5.24(金) 柳原 三佳
歴史
記事へ戻る
「日米修好通商条約百年」の記念切手にも、なぜか「ポーハタン号」ではなく「咸臨丸」が登場
『いだてん』が放送した使節団の集合写真(筆者がテレビ画面を撮影)
幕府からの使節団をアメリカまで運んだポーハタン号
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

尖閣諸島有事の際、「米国が助けてくれる」という幻想
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「蚊に刺されやすい体質」は実は思い込みだった?
最上級ラグジュアリーツアーが持つ大きな可能性
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
Visiting Q plaza Ikebukuro

本日の新着

一覧
発端は庭木の影、隣人の苦情が生む戦慄のサスペンス
映画で読み解く社会学:『隣の影』(2017年、アイスランド合作)
髙山 亜紀
女性4人組の激しい攻撃に、ほくそ笑むトランプ氏
批判が激しければ激しいほど選挙戦は有利になるとの皮算用
高濱 賛
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「ボク」「キミ」が使われるようになった歴史と浪花節
伊東 乾
減益に転じる米国株式会社
一時的な落ち込みか、本格的な下降局面入りの前触れか
The Economist