見えない宇宙を探る! 電波望遠鏡って何してるの?

国立天文台野辺山の所長が語る、電波望遠鏡と宇宙の謎
2019.5.25(土) 立松 健一
宇宙・物理学術
記事へ戻る
図1:筆者が所長をつとめる野辺山宇宙電波観測所の45m電波望遠鏡。ハイテク技術と、ブラックホールの発見などの電波天文学における成果によりIEEEマイルストーンに認定された。
図2:可視光で見たオリオン座(左)と、電波で観測された「分子雲」を重ねたもの(阪本成一氏提供)。電波写真は、電波強度を疑似カラーで色付けして表しており、紫、青、緑、黄、赤と変わるに応じ、電波強度が強くなっている。三つ星の下に小三つ星がたてに並んでおり、その真ん中の赤いのが「オリオンの大星雲」。オリオンの大星雲のところで、電波が強くなっており、電波で見える「分子雲」が濃くなっていることが分かる。
図3:左が可視光で見たオリオンの大星雲(上坂浩光氏提供)と、同じ領域を野辺山宇宙電波観測所の45m電波望遠鏡で取得した電波写真(立松健一)。電波写真の色は電波強度を表す。
拡大画像表示
図4:野辺山45m電波望遠鏡で見つけた、もうすぐ星団が生まれそうなオリオン座の分子雲のかたまりTUKH122(立松ほか)。隣のかたまりTUKH123では、すでに星の赤ちゃん(星印)が数個生まれている。
図5:アルマ望遠鏡を用いて観測したTUKH122(大橋聡史ほか)。星団の誕生の場と考えられる。

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由