文在寅は「何が韓国の国益か」を理解していない

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その3)
記事へ戻る
2019年5月18日、1980年に民主化運動を韓国軍が武力弾圧した「光州事件」の犠牲者追悼式で演説する文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)

国際の写真

ルディ・ジュリアーニの凋落
中国で次々に捕まる日本人、日中関係正常化は幻想だ
女の敵は女、ヒラリー爆弾炸裂
中国を圧倒する戦闘機を独自開発せよ
香港・台湾から中国が学ぶべき「一国二制度」の限界
ワクチン接種に殺到する中国人、日本ツアーも

本日の新着

一覧
中国を圧倒する戦闘機を独自開発せよ
カウンターステルス、クラウドシューティングなど最新技術結集
軍事情報戦略研究所朝鮮半島分析チーム
安楽死は仏教的にアリか? お坊さんに聞いてみた
釈迦は、自らの死を知ってなお間際まで自力で歩き続けた
坂元 希美
香港・台湾から中国が学ぶべき「一国二制度」の限界
中国が強くなるほど、香港や台湾の人々の心は離れていく
新潮社フォーサイト
ルディ・ジュリアーニの凋落
トランプ大統領との関係で多くを失った「米国の市長」
The Economist