慰安婦問題の解決を阻んでいるのは誰だ

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その2)
この写真の記事へ戻る
2016年9月、ラオスで開催されたASEAN関連首脳会談に出席した際に首脳会談を行った安倍晋三首相と朴槿恵大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)

国際の写真

牙をむくドラゴン、恐怖による支配が始まった
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢
フィリピン薬物取締、巻き添え犠牲の子ども100人
実は京アニとトランプに繋がっている「テラハ」ヘイト
新型コロナ犠牲者より大切な兵器製造
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい

本日の新着

一覧
「黒人のアメリカ人として、心底恐ろしい」 警官による黒人男性殺害で若者たち
BBC
今、そこにあるチャンス
未熟者の挑戦と失敗と奇跡の半生記
惣才 翼
コロナ後の住宅事情、ますます都心に人が集まるワケ
時代は「都心でテレワーク」?コロナで変わる不動産業界の常識
加谷 珪一
Allegations of fake university degree haunt Tokyo Governor Yuriko Koike (vol.4)
Another Suspicion; "Fraudulent Transfer”
Ryo Kuroki