朴槿恵・前大統領はなぜあれほど攻撃されたのか

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その1)
この写真の記事へ戻る
2018年4月6日、朴槿恵前大統領の一審判決を伝える韓国メディア(写真:AP/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)

国際の写真

新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
縮小する中国自動車市場、新エネ車もついに失速
アメリカで政争の具になるEVの悲哀

本日の新着

一覧
釣りもビジネスも情報戦:木更津のクロダイ釣り
フェイクニュースを見極めないと人生は豊かに過ごせない
梶 尚人
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
平均寿命の推移から考える中国の医療水準の実態
川島 博之
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
GSOMIA破棄を再検討、東京オリンピック妨害工作も
福山 隆
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
平安貴族列伝(6)
倉本 一宏