朴槿恵・前大統領はなぜあれほど攻撃されたのか

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その1)
記事へ戻る
2018年4月6日、朴槿恵前大統領の一審判決を伝える韓国メディア(写真:AP/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)

国際の写真

韓国が一方的に壊した日韓の「特別な信頼関係」
中国で「ウイグル人」と誤認され尋問された日本人の話
日本人が知らぬ現実、今や世界は米国より中国を支持
前に日本、後ろに中国、悲鳴を上げる韓国経済
トランプ「ツイッターブロック違憲判決」が示すもの
嘘つき大国への道をひた走る韓国、信用ガタ落ち

本日の新着

一覧
中国で「ウイグル人」と誤認され尋問された日本人の話
中国で加速するウイグル弾圧、「監獄社会」の異様な全貌(前編)
福島 香織
抽象アートが「わかる」ことを脳科学的に解明
HONZ特選本『なぜ脳はアートがわかるのか』
HONZ
韓国が一方的に壊した日韓の「特別な信頼関係」
当然の措置と言わざるを得ない対韓“輸出管理”強化
筆坂 秀世
イラン攻撃へ準備整えた米国、一触即発の危機
中東情勢はますます泥沼化、世界経済にも大打撃必至
堀田 佳男