打倒ブラタモリ!岩肌から読み解く重い歴史

大谷石地下採掘場跡の壁や天井に刻まれた過去の記憶とは
2019.5.19(日) 牧村 あきこ
生活・趣味
記事へ戻る
階段横の壁は、白と茶色のまだら模様になっている
壁に目を近づけると白い針状の結晶のようなものが見える
坑内には大きな開口部もあり、多少は外気も流れ込む
大谷石の外壁。「ミソ」と呼ばれる茶色のシミが特徴の一つ
平場掘りで刻まれた横筋は幅が15cm。切り出した五十石の幅と同じだ
大谷では垣根掘りをしたあとに石柱を残しながら平場掘りで掘り進める方法を採用した
拡大画像表示
壁の下半分が機械掘りの跡。鋭い縦方向の切れ込みがみえる
黒い水面から立ち上るようにライトアップの光が渦巻く
改めてよく見ると天井が黒い

ライフ・教養の写真

宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
ゴーヤーの苦味生合成経路、「金平糖解析」で解明へ
中国共産党のウイグル弾圧は日本でも行われていた
村田諒太の次戦、「カネロ」も「GGG」も困難か
投資判断のカギを握る「一次情報」の集め方

本日の新着

一覧
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
井端弘和氏に聞く、セ界一強を止めるチームとは?
黒田 俊
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
日韓ともに決定的に欠く相手の立場から思考する習慣
舛添 要一
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第26回)
玉木 俊明