打倒ブラタモリ!岩肌から読み解く重い歴史

大谷石地下採掘場跡の壁や天井に刻まれた過去の記憶とは
2019.5.19(日) 牧村 あきこ
生活・趣味
記事へ戻る
階段横の壁は、白と茶色のまだら模様になっている
壁に目を近づけると白い針状の結晶のようなものが見える
坑内には大きな開口部もあり、多少は外気も流れ込む
大谷石の外壁。「ミソ」と呼ばれる茶色のシミが特徴の一つ
平場掘りで刻まれた横筋は幅が15cm。切り出した五十石の幅と同じだ
大谷では垣根掘りをしたあとに石柱を残しながら平場掘りで掘り進める方法を採用した
拡大画像表示
壁の下半分が機械掘りの跡。鋭い縦方向の切れ込みがみえる
黒い水面から立ち上るようにライトアップの光が渦巻く
改めてよく見ると天井が黒い

ライフ・教養の写真

尖閣諸島有事の際、「米国が助けてくれる」という幻想
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「蚊に刺されやすい体質」は実は思い込みだった?
最上級ラグジュアリーツアーが持つ大きな可能性
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
Visiting Q plaza Ikebukuro

本日の新着

一覧
発端は庭木の影、隣人の苦情が生む戦慄のサスペンス
映画で読み解く社会学:『隣の影』(2017年、アイスランド合作)
髙山 亜紀
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「ボク」「キミ」が使われるようになった歴史と浪花節
伊東 乾
減益に転じる米国株式会社
一時的な落ち込みか、本格的な下降局面入りの前触れか
The Economist
アップル、インテルから通信半導体事業を買収か
主要部品の自社開発を加速させる狙いと米紙が報道
小久保 重信