月面ディナーのテクノロジーが地上の食問題も解決

日本の食文化を宇宙へ、「Space Food X」始動
2019.4.22(月) 林 公代
研究開発宇宙・物理
記事へ戻る
未来の月での生活、どのようなディナーを楽しめるのだろうか。
2040年の月面での地産地消を想定した月面ディナー。左下がメインの「培養肉のメリメロステーキ」、右下が藻類のグリーンスープ、中央が細胞培養マグロと月の海。
料理人/未来食研究家の桑名広行(くわな・ひろゆき)氏。
スペースフードX代表で、リアルテックファンド業務執行役グロースマネージャーの小正瑞季(こまさ・みずき)氏。
Space Food Xが描く2040年の月面の食卓。(提供:Space Food X)
拡大画像表示
ユーグレナ執行役員研究開発担当の鈴木健吾(すずき・けんご)氏。
宇宙飛行士/東京理科大学特任副学長兼スペース・コロニー研究センター長の向井千秋(むかい・ちあき)氏。
ISSのロシア居住棟で、地上から届いたトマトを使ってハンバーガーを作る宇宙飛行士たち。(提供:NASA)
スペースフードX参画団体の代表たちが一堂に会した。

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
次の50年、宇宙探査の新時代が始まる
宇宙の繁栄には法の支配と軍備管理システムが不可欠
The Economist
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
戦前のエリート集団「長州閥」の栄光と衰退(1)
花園 祐
世界中を震撼させた京アニ・ガソリン放火無差別殺人
銃や爆弾、トラックなどより超低コストの凶器に規制不可欠
伊東 乾
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない
武藤 正敏