日本初の「株式会社」、誰がつくった?

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第9回)
2019.4.12(金) 柳原 三佳
芸術文化歴史教育
この写真の記事へ戻る
日本初の株式会社をつくったのは渋沢栄一なのか?(出典: 財務省ウェブサイトより)
万延元年遣米使節団のトップ3。左から副使の村垣範正、正使の新見正興、監察の小栗忠順 (Wikipediaより)
坂本龍馬が長崎で立ち上げた亀山社中。株式会社の概念ではあったが、兵庫商社のように正式なものではなかった?(筆者撮影)
万延元年遣米使節団の一員、木村鉄太がアメリカで見た「火輪車」のスケッチ(高野和人著、『万延元年遣米使節航米記 肥後藩士 木村鉄太の世界一周記』より)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

マンマ直伝の”カラーコーディネイト術”をお教えします
中国と縁切る好機到来、米国が新型肺炎を最大活用
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
「戦国最弱」と愛される常陸の不死鳥・小田氏治
超高性能なミルク生産者、ウシに養われてきた人類
人生100年時代を生き抜く家計術、方法は3つだけ