日本初の「株式会社」、誰がつくった?

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第9回)
2019.4.12(金) 柳原 三佳
芸術文化歴史教育
記事へ戻る
日本初の株式会社をつくったのは渋沢栄一なのか?(出典: 財務省ウェブサイトより)
万延元年遣米使節団のトップ3。左から副使の村垣範正、正使の新見正興、監察の小栗忠順 (Wikipediaより)
坂本龍馬が長崎で立ち上げた亀山社中。株式会社の概念ではあったが、兵庫商社のように正式なものではなかった?(筆者撮影)
万延元年遣米使節団の一員、木村鉄太がアメリカで見た「火輪車」のスケッチ(高野和人著、『万延元年遣米使節航米記 肥後藩士 木村鉄太の世界一周記』より)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

Visiting Q plaza Ikebukuro
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
東大で行われているセンターオブイノベーション
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
ゴーヤーの苦味生合成経路、「金平糖解析」で解明へ

本日の新着

一覧
世界中を震撼させた京アニ・ガソリン放火無差別殺人
銃や爆弾、トラックなどより超低コストの凶器に規制不可欠
伊東 乾
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない
武藤 正敏
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
戦前のエリート集団「長州閥」の栄光と衰退(1)
花園 祐
次の50年、宇宙探査の新時代が始まる
宇宙の繁栄には法の支配と軍備管理システムが不可欠
The Economist