今年はiPhoneビジネスモデル崩壊の年になる

最新機種の販売不振で、販売店は型落ち品の「実質0円」販売へ
この写真の記事へ戻る
「実質0円」で規制前の駆け込み需要を狙っている(筆者撮影)
左がiPhoneの有機ELスマホ「XS」、右が「XS Max」(筆者撮影)
シャープの自社製有機ELパネルを採用したAQUOS zero(右)とソニーのサムスン製有機ELパネルを採用したXperia XZ3(左)(筆者撮影)
図1 「顧客価値」から見たアップルのiPhoneのビジネスモデル(筆者作成)
『シャープ再建―鴻海流スピード経営と日本型リーダーシップ』(中田行彦著、啓文社書房)

ビジネスの写真

アマゾン、「ロボットタクシー」開発企業に買収提案
突然のクビ宣告、そのときあなたはどう行動すべきか
米テック大手で広がる在宅の継続と永続
大阪・飛田新地が女の子に抗体検査を実施するわけ
コロナが強めた消費者の不安、企業は何をすべきか?
トップの力量に差、ルノーに飲まれる日産・三菱自

本日の新着

一覧
「ボリス・ジョンソンは信用を失った」 上級顧問がロックダウン中に長距離移動で
BBC
都合よく歴史を忘れる韓国のプロパガンダ恋愛ドラマ
「愛の不時着」の歴史修正主義 (後編)
岩田 太郎
海外メディアが絶賛の「日本モデル」成功の鍵は何か
「ファクターX」の解明は日本の使命
池田 信夫
自粛要請に応じないパチンコ店にどう対応すべきか?
NFIからの提言(4)行動変容を促す仕組みを行政学でひもとく
森田 朗