超小型衛星時代に加速が求められる小型ロケット投資

「ホリエモンロケット」から「みんなのロケット」へ
この写真の記事へ戻る
インターステラテクノロジズ社が2023年に打ち上げを目指す衛星軌道投入ロケットZEROのイメージ図。(提供:インターステラテクノロジズ)
衛星軌道投入ロケットZEROの開発を推進するために、サポーターズクラブ「みんなのロケットパートナーズ」を始動。JAXAや丸紅など8つの企業・団体が参加。
2017年7月30日に実施されたMOMO初号機打ち上げ実験。(提供:インターステラテクノロジズ社)
【動画:画像をクリックして再生】MOMO3号機の縦噴き燃焼実験(CFT)の様子。(提供:インターステラテクノロジズ)
MOMO(右)とZEROの8分の1の模型を手にするIST稲川貴大社長。ZEROは、MOMOの約30倍の大きさでエンジン出力は約50倍。それだけ開発は難しくなる。
ISTのロケット開発計画。ZEROは2023年の打ち上げを目指す。(提供:インターステラテクノロジズ)
拡大画像表示

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
異例の公表、中国軍で新型コロナが大規模感染か
空軍にも海軍にも感染者、試される中国軍の「実力」
福島 香織
土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
漏水リスクと水道配管の資産価値を高精度で推定可能に
新潮社フォーサイト
いよいよカウントダウンに入った米比同盟の破棄
南シナ海でさらに劣勢になる米国、日本のシーレーンも危機に
北村 淳
新型コロナ、世界経済に新種の脅威
スタグフレーションの恐れも、1970年代の教訓が生きるか?
The Economist