米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第5回)
2019.3.23(土) 柳原 三佳
芸術文化歴史学術
この写真の記事へ戻る
アメリカで初めて見るものに関心を示す使節たち(『加藤素毛世界一周の記録』より)
スミソニアン博物館(筆者撮影)
博物館の内部(筆者撮影)
スミソニアン博物館に収蔵されているミイラ(筆者撮影)
使節団の一員、木村鉄太が描いたスミソニアン博物館(『航米記 肥後藩士木村鉄太の世界一周記』より)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

パッショーネを秘めたリスタート
開幕泥沼の阪神タイガース「現場」と「育成」の迷走
2つの「げんせん」で企業価値を重視する日本株投信
日本は今まさに大転換期の真っ只中にいる
30歳でセミリタイア「FIRE」達成の方法とは
「世界一のカツカレー」閉店でもう食べられないのか

本日の新着

一覧
国家安全維持法、香港市民が漏らす絶望と安堵
東アジア「深層取材ノート」(第42回)
近藤 大介
中露が世界各地で危険な軍事的挑発を活発化
「コロナ後」の主導権を争い、ワクチン情報も狙う
新潮社フォーサイト
フェイスブック広告のボイコット、収束のめど立たず
ファイザーやユニリーバ、コカ・コーラ、VWなど大手に広がる
小久保 重信
開幕泥沼の阪神タイガース「現場」と「育成」の迷走
なぜこんなにも宿敵・巨人と「育成力」で差がついてしまったのか
臼北 信行