米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第5回)
2019.3.23(土) 柳原 三佳
芸術文化歴史学術
記事へ戻る
アメリカで初めて見るものに関心を示す使節たち(『加藤素毛世界一周の記録』より)
スミソニアン博物館(筆者撮影)
博物館の内部(筆者撮影)
スミソニアン博物館に収蔵されているミイラ(筆者撮影)
使節団の一員、木村鉄太が描いたスミソニアン博物館(『航米記 肥後藩士木村鉄太の世界一周記』より)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

モラハラ提訴した織田信成氏が「悪者」になる謎
米エアビー、五輪スポンサー契約は大きな賭け
デキる人は「歯」が命
今の時代、利回り5%を実現する方法を考える
最初は足軽だった、明智光秀出生の謎
クラシック「名曲」になる曲は一体どこが違うのか