子孫が米国で痛感、幕末「遣米使節団」の偉業

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第3回)
2019.3.15(金) 柳原 三佳
時事・社会歴史学術
記事へ戻る
使節団が上陸したワシントンの海軍工廠(筆者撮影)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)
ワシントンに上陸した万延元年遣米使節団の集合写真
『加藤素毛世界一周の記録』より
ワシントンの海軍造船所に建てられた記念銘鈑の前で。村垣淡路守範正のひ孫・村垣正澄氏(左)と正澄氏の娘・宮原万里子さん(筆者撮影)
村垣淡路守と米国海軍のサミュエル・フランシス・デュポン大佐(写真提供・宮原万里子さん)
デュポン氏(左)から曾祖父・村垣淡路守が贈った白鞘の日本刀を披露される村垣正澄氏(筆者撮影)
芝公園に建立された「万延元年遣米使節記念碑」(写真提供・宮原万里子さん)
記念碑の除幕式を報じた記事(提供・宮原万里子さん)

ライフ・教養の写真

戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
AIが作曲家を不要にする現実がすぐ目の前に
災害に負けない日本とラグビー快進撃
「エビに優しい」養殖技術、日本から世界へ

本日の新着

一覧
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
インフラ、避難ルート、イベント開催、全てを根本から見直すべき
舛添 要一
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず
李 正宣
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第32回)
玉木 俊明
AIが作曲家を不要にする現実がすぐ目の前に
「創作」とは何かを問う『電気じかけのクジラは歌う』
長江 貴士