マレーシアはなぜ金正男暗殺事件の被告を釈放したか

ナジブ前首相の訴追を優先、法の支配を後回しにしたつけは重い
記事へ戻る
金正男氏が実行犯2人に暗殺された現場の国際線出発ロビー(クアラルンプール国際空港第二ターミナル、2019年3月、筆者撮影)

国際の写真

南北戦が失敗、韓国サッカー界で「反文在寅」が沸騰
米「香港人権法案」に中国激怒、揺らぐ香港の命運
香港危機、天安門事件の経験者が抱く諦観
一帯一路からデジタル覇権へ舵切った中国の野望
トランプが「根拠のない世界」に浸かる狙い
韓国大統領、サムスン、現代自動車相次ぎ訪問